仙台大学大学院スポーツ科学研究科
研究論文集
Vol. 10

1. 尹 鶴峰
中高年女性におけるノルディック・ウォーキングの有酸素運動強度
2. 阿部 眞希雄
少年剣道部をとおした人間形成に関する事例研究
3. 艾 晴華
中国におけるレジャー・スポーツ活動の専門志向化に関する研究
−スヌーカー愛好者の行動に着目して−
4. 魯 サン
中国の沿海地域の都市住民のライフスタイルに関する調査研究
−寧波(ネーハ)市慈渓(ツーシ)地区の事例−
5. 渡邉 勝裕
中央競技団体の組織間関係に関する研究
−統括組織としての日本ボード協会を事例として−
6. 太田 徹郎
動感形態の直接的呈示方法について
−柔道における「崩し」指導から−
7. 永友 洋司
外部指導者によるタグラグビー授業に関する事例研究
−小学校における外部指導者導入とプログラムの評価−
8. 藤本 晋也
ショートトラック・トップチームの情報の活用に関する研究
−競技力向上のための「情報リテラシー育成プログラム」の開発をめざして−
9. 石川 祐佑
オーバーヘッドスクワットが平衡機能や体幹の安定性に与える影響
10. 櫻井 直樹
野球の内野手のクイックスローに関するバイオメカニクス研究
−中学・高校・大学生の動作の特徴−
11. 李 松
高圧・高酸素環境下での滞在が遅発性筋肉痛(DOMS)の回復に及ぼす影響
12. 崔 宇飛
体育系大学生の生活習慣および健康意識に関する日中比較研究
13. 後藤 健二
運動実施時間帯の違いが運動中および運動後のエネルギー代謝に及ぼす影響